クサギ

学名 Clerodendron trichotomum
別名 クサギナ、クサギリ、トーノキ、トリバ、
臭梧桐、臭牡丹樹(中)
臭木 分類 クマツヅラ科クサギ属 (落葉小高木)
葉や茎を傷つけると、嫌な匂いがすることからの名。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄。中国、台湾、朝鮮。
神奈川県 全域に普通に分布する。
用途 特に無し(ヨーロッパでは鑑賞用に栽培される。)
特に新しく開けた土地に、初めに芽吹いて大きくなる先駆種の一つ。丹沢の林道脇でも、街中の駐車場の片隅にでも生えてくる雑木。
樹形は不整で、枝は横に広がる。樹形が暴れるためか日本では庭木で見たことが無い。
枝や葉の上を、花が一面覆うさまは綺麗。甘い芳香があたりにただよい、鑑賞にも耐える。ヨーロッパでは庭木などにされるという。


丹沢
水の木
040718
クサギ樹
樹皮は暗灰色〜灰褐色で皮目が縦に並ぶ。成木になると鱗片に剥離する。
★食★コウモリガ
若幹

横浜市
港北区
080213
クサギ幹
葉は対生し、葉身は3角状心形あるいは広卵形。縁には低い鋸歯がある。若い枝や葉脈上に軟毛がある。
傷を付けると、青臭い臭気があので名がついた。不快感の程度は人によって違いがある。
★薬効★リウマチ、下痢、高血圧。民間療法。小枝ごと葉を切り取り日干しにしたものを煎服する。葉に殺菌作用があるので、腫れ物などの洗浄に使用した。


横浜市
根岸森林公園
040507
クサギ葉
花序は枝の先に集まり、多集散花序となる。8〜9月に白色〜紅色の花を咲かす。雄しべは4本、長く花外に突き出し、葯は黒紫色。
両性花であるが雄性先熟性で自家受粉を避ける工夫がある。雄性期には雌しべが、雌性期には雄しべが、それぞれ下に垂れている。
★蜜★スズメガコスズメオオスカシバカラスアゲハクロアゲハ


横浜市
港北区
050730
クサギ花
核果は丸く、熟すと碧色となる。赤い部分は萼。花後も残り、赤く平開したもの。
鳥は赤い色と青い色に弱い。先駆樹種は一般に風散布の種子が多いが、クサギは鳥による被食散布に分類される。
★染★果実を藁の灰汁で煮出すと浅青色(はなだ色)の染料ができる。
★食★アカハラ、カラス、キジバトシジュウカラジョウビタキツグミヒヨドリムクドリ


丹沢
水の木
041017
クサギ実
一年枝は、灰褐色〜紫褐色でやや太く、先の方に縮れた毛が残る。もともと南方系の木のためか、冬芽は裸芽で小さい。 冬芽

神奈川県
二宮町
060122
クサギ冬芽
葉痕は冬芽に比べると大きく、長円形で横を向いて突き出る。面白い顔に見える葉痕は多いが、これはタコの吸盤か。それでも何となく面白い。 葉痕

神奈川県
二宮町
060122
クサギ冬芽
新芽は赤味を帯び、軟毛が密生している。
★食★若葉は、山菜になる。加熱すると臭気が消える。天ぷらにすると美味しい。
新芽

横浜市
港北区
篠原園地
080326
クサギ新芽

樹木の写真Top