ヤマホトトギス

学名 Tricyrtis macropoda
別名
山杜鵑 分類 ユリ科ホトトギス属 (多年草)
山に生えるホトトギスの意。 APG分類 ユリ科ホトトギス属 (多年草)
原産・分布 北海道、本州、四国、九州
神奈川県 全域でやや普通に見れる。樹林内、林縁、草地に生える。
花の時期 7月〜9月


明るい林内や、草地に生え、枝分かれはせず草丈は50〜80cmになる。
花は茎頂あるいは葉腋に散房状につく。
茎頂には大きな花序をつくることもある。

丹沢大室山 070816


葉は互生し楕円形で、先は尖り、基部は茎を抱く。葉脈は並行脈、縁が波打つことがある。

上野原市秋山 130801


春の芽出しの頃には、葉に濃緑の斑点が多い。花の頃にはほとんど見れなくなるが、株により下部の数枚に斑点が残る。

上野原市秋山 220829


通常、茎頂に花序をつけ、株が大きくなると上部の葉腋からも花序を出す。茎頂の花序は大きくなると散房状になる。
蕾は先の丸い砲弾状、砲弾の先が裂けて花弁が開く。花弁は6枚で赤い斑点があり平開し、上半分が大きく反り返る。
花言葉 「優柔不断」

丹沢大室山 070816


雄しべが6個、基部は密着して子房を包む。雌しべは花柱の先が3裂し、さらに先で2列する。雄しべの内3つが3裂した花柱に重なる。写真のように噴水の形にも見える。花柱には腺毛状の突起と赤い斑点がある。

上野原市秋山 220829


受粉が終わり花弁と雄しべが落ちると、雄しべに包まれていた子房が現れる。


上野原市秋山 220829


茎頂にたくさん花がついた株の果実。

上野原市秋山 151006


刮ハで三角形の断面になる。
熟すと先が3裂して種子がこぼれる。

上野原市秋山 151006


種子がこぼれた後。

上野原市秋山 171215


春の芽生え。濃緑色の斑点が見える。

上野原市秋山 140415

樹げむのTreeWorld Top