マムシグサ

学名 Arisaema serratum
別名 ムラサキマムシグサ
蝮草 分類 サトイモ科テンナンショウ属 (多年草) 有毒植物
茎(葉柄の鞘部で偽茎)の模様がまだらで、マムシに似るところからついた名。 原産・分布 本州(関東以西)、四国、九州、沖縄
神奈川県 広く分布。シイ・カシ帯からブナ帯の林縁、林床に生える。
花の時期 5月〜6月


仏炎苞は紫色と緑色のタイプがある。写真は緑色のタイプ(カントウマムシグサ)。
開花と展葉がほぼ同時で花と葉の高さもほぼ同じ。
独特の形状に伴う名前については、サトイモ科を参照。
横浜市緑区四季の森公園 090428


葉は2枚で鳥足状複葉になる。小葉は7〜15枚で仲間の中では多い。
写真右側(仏炎苞の右)が大きい葉で、渦を巻きながら小葉14枚がある。
仏炎苞の左側の葉はまだ完全に展葉していない。
厚木市七沢森林公園 110429


仏像の後ろの光背に見立てた仏炎苞は淡緑色から淡紫色。仏炎苞の中に雌雄別の肉穂花序があり、花序の先が伸びた付属体が開口部から見える。
花言葉 「壮大」
横浜市緑区四季の森公園 090428


雌雄異株
未開花の雄花。付属体の基部にある葯がまだ閉じている。
テンナンショウ属は若い時点では雄株、球茎が充実してくると雌株になる。
厚木市七沢森林公園 110429


受粉後の雌花の花序。仏炎苞を取り除いたところ。花被が無く子房がすきまなく密集している。受粉後なので柱頭は痕だけ、子房もやや膨らんでいる。、
横浜市港北区篠原園地 100519


秋には赤く熟した果穂だけが長い茎の先に残るので目立つ。
種子散布者へのアピールだが、この果穂も鳥などに啄ばまれた形跡は見当たらなかった。美味しくないことが見破られている。
上野原市赤倉山 171106


赤い液果
上野原市赤倉山 171106

樹げむのTreeWorld Top