シオデ

学名 Smilax riparia
別名
牛尾菜(漢)
牛尾菜 分類 ユリ科シオデ属 (多年草)
アイヌ語の”シュウオンテ”からの名とされる。牛尾菜は中国名。 APG分類 サルトリイバラ科シオデ属 (多年草)
原産・分布 北海道、本州、四国、九州。
神奈川県 シイ・カシ帯に分布。山地や丘陵の疎林内や林縁に生える。
花の時期 7月〜8月


林内や林縁、草地に生える。節から出る巻きひげを、枝やフェンスなどに絡ませて上に伸びる。立木などが無い場合は草むらの中や上を這いまわり、藪を覆う。

上野原市秋山 220727


芽出しはどちらかというと遅く、晩春に蔓を立上げて真っ直ぐに上に伸ばす。初めは巻きひげばかりで展葉しないため、細長いヘビが立ち上がったような状態になる。
上野原市秋山 200629


★食★伸びる茎の先は山菜になる。アスパラに似る。
手で簡単に折れる程度の柔らかな範囲が食べごろ。
折れた茎の節から新しい芽が伸びる。
上野原市秋山 200629


成熟した株の茎は太く紫色になり、表面には細かい剛毛があるため、伸びる途中で他の枝などに引っ掛かりやすい。
巻きひげは托葉が変化したもので、長いのでかなり太い枝にも巻きつくことができる。

上野原市秋山 220727


葉は、互生し卵状長楕円形で先は尖り、基部は心形。葉脈は5〜7脈ある。
上野原市秋山 220727


花は雌雄異株。葉腋から散形花序を出す。写真は雌花。
すでに受粉後で、5枚の花弁は反り返り、判別しづらい。
3裂した柱頭(白色)の下に丸い子房(緑色)が見える。

上野原市秋山 220727


果実が膨らんできたところ。
上野原市秋山 220829


果実は液果で、秋には黒く熟す。
上野原市秋山 131021

樹げむのTreeWorld Top