ツリガネニンジン

学名 Adenophora triphylla var. japonica
別名 トトキ、シャジン
釣鐘人参 分類 キキョウ科ツリガネニンジン属 (多年草)
花の形を釣鐘に、その白く太い根を朝鮮人参にたとえた名。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州。サハリン、千島列島
神奈川県 低地から山地まで、市街地を除き全域に分布。丘陵地では減少傾向にある。
花の時期 8月〜10月


山地の明るく開けた草地に生える。
花期には1mくらいの高さに花茎を分岐させずに伸ばし、茎頂に淡紫色〜白色の花を数段にわたって輪生させる。
キキョウ科の根は直根で太いものが多い。
群馬県みなかみ町赤谷 090802

★薬効★去痰
生薬名は「沙参(しゃじん)」。
根を刻んで日干しで乾燥させたもの。


茎葉は下部に多く、通常4枚が輪生する。
卵状長楕円形で葉柄はごく短く、縁には鋸歯がある。
横浜市港北区篠原園地 100920


花は釣鐘形。先は5裂しやや広がる。
花柱は花冠から突き出て、先が3裂する。
萼裂片は線型で5枚。
花言葉 「詩的な愛、優しい愛情、感謝、誠実、遠慮」
上野原市秋山 130818


果実は刮ハ
横浜市港北区篠原園地 101006


若い茎や葉。
細毛が密生した葉が無柄で十字に対生するので見つけやすい。
まだ春に出る若芽を山菜として食べる。
上野原市秋山 140710

★食★山菜名はトトキ
「山で美味いはオケラにトトキ」と長野県では唄われる。
山菜として全国的に利用されている。
てんぷらでも湯がいてもコクがあり美味しいとされる。

樹げむのTreeWorld Top