トネアザミ

学名 Cirsium nipponicum var. incomptum
別名 タイアザミ
利根薊 分類 キク科アザミ属ナンブアザミ変種 (多年草)
関東地方に自生するアザミとして利根がついた名か。 原産・分布 関東地方、東海地方
神奈川県 県内全域に普通に生える。
花の時期 9月〜11月


草丈は1.5m〜2mほどになり、分枝して比較的に多くの花をつける。
横浜で秋咲くアザミの代表。
上野原市秋山 110929


横浜市港北区篠原園地 101025
★薬効★利尿、解毒、強壮。
生薬名は「薊(けい)」。根の土を洗い落としてから天日で乾燥させる。


尾根筋に群生していた。
アザミの中でも棘が痛いのでシカの食害が無く繁茂しているのか?。
丹沢加入道山 160710


葉の切れ込みは深い。刺は触ると痛い。
上野原市秋山 110929


頭花は一般に横向きに咲く。総苞は卵状球形で、総苞片は大きく反り返る。
アザミの花言葉は「触れないで」。総苞片も痛い。
上野原市秋山 110929


頭状花序は全てが筒状花。
横浜市港北区篠原園地 101025


果実は痩果で約2mm。淡褐色の冠毛があり、風で遠くに飛ばされる。
横浜市港北区篠原園地 101213


花の時期には枯れていた根生葉(ロゼット)は秋に再び生える。
このまま冬を越す。

★食★
アザミの仲間は春に新しく出た芽が山菜になる。
茹でておひたし、ごま和えに、天ぷら、油炒めなどでも美味しい。
上野原市秋山 131112

樹げむのTreeWorld Top