タケニグサ

学名 Macleaya cordata
別名 チャンパギク
竹似草 分類 ケシ科タケニグサ属 (多年草) 有毒植物
茎が中空で竹に似ている草なのでついた名。 原産・分布 本州、四国、九州。中国、台湾。
神奈川県 市街地から山地まで全域に普通。道端、崩壊地、草地、林縁に生える。
花の時期 7月〜8月


山地では林道脇など日当たりの良い荒れ地に群生する。
全体が白みがかることと、大柄な作りで目立つ。
上野原市秋山 120807


茎は粉白を帯び中空。セリ科の特徴で、折ると黄色い乳液がでる。
乳液は猛毒のアルカロイド成分で、かつてはウジ虫の駆除に使われた。
上野原市秋山 120807


葉は10〜30cmと大きく、裏面には白い細毛を密生する。
菊の葉のように不規則な浅い裂状になる。
上野原市秋山 120807






大きな葉や花序と比べ、個々の花は小さく地味。
花弁が無く、白い蕾を作るのは萼。萼の先が赤味を帯びきれい。(上段)
この萼も開花で落ちる。多数の雄しべが線香花火のよう。(中段)
受粉後は、子房が膨らみ始め、雄しべが縮れている。(下段)
上野原市秋山 120807


果実は広披針形で偏平な刮ハ。中に細かい種子がはいる。
果序を振るとサラサラと良い音がする。
上野原市秋山 120807


春には新しい芽が生える。小さいが特徴がハッキリしている。
上野原市秋山 150428

樹げむのTreeWorld Top