シラネセンキュウ

学名 Angelica polymorpha
別名 スズカゼリ
白根川芎 分類 セリ科シシウド属 (多年草)
原産・分布 本州、四国、九州。朝鮮、中国東北部。
神奈川県 足柄、小仏、丹沢山地に分布。谷間や湿地などにやや普通。
花の時期 9月~11月


山地の谷間などやや暗く湿ったところに生える。草丈は1.5mを越えるものもある。
茎は枝分かれし、それぞれの枝先に大型の複散形花序をつける。
上野原市秋山 121010


葉は3~4回3出複葉で、小葉には鋭い鋸歯がある。
上野原市秋山 121010


茎の先にできた大きな蕾。苞が取れたところ。
一つ一つの蕾や花柄やらがゴチャゴチャに固まっている。
上野原市秋山 140928


翌日、上のゴチャゴチャが少しほぐれてきた。
上野原市秋山 140929


全部がほぐれてしっかりした花序になると、外側から個々の花も咲き始めた。
上野原市秋山 141001


花序は大きいが花は小さい。 全体は複散形花序。
枝先から20以上の小花序柄が伸び、花序柄の先にやはり20以上の花柄を出す。つまり400個以上の小さな花が咲いている。
花言葉 「永遠にあなたのもの」
上野原市秋山 121010


若い実。
上野原市秋山 121023


春先の根生葉。
上野原市秋山 150403

樹げむのTreeWorld Top