サイハイラン

学名 Cremastra appendiculata
別名
采配蘭 分類 ラン科サイハイラン属 (多年草)
花序を采配にみたてた名。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄。東南アジア
神奈川県 全域に分布するが少ない。シイ・カシ帯のやや明るく湿った樹林内。
花の時期 4月〜5月


まだ蕾の株。沢沿いの林内。
1つ株には葉が1枚だけで成長する。
上野原市秋山 120524


花は8〜20個を総状につけるが、写真のように偏ることが多いようだ。
上野原市秋山 110601


中央にずい柱がある。先端の黄色い部分が葯。
濃い紫色が唇弁。先が3裂している。
花言葉 「人生の勝負師」 采配という名からだろうが、変な花言葉だ。
上野原市秋山 110601


果実は刮ハ。種子は採れるが、ランの仲間の種子は栄養分を持たず、
通常の播種では繁殖が難しい。
上野原市秋山 120829


黄色い斑の入った葉。
花のあと実が熟す夏までこのままでいる。
葉1枚で光合成を行い、実を熟させ株を充実させる。
上野原市秋山 110519


種子が熟すと葉は枯れ、秋に新しい葉が1枚出てくる。
この葉は来年の夏までもつ。
上野原市秋山 161004

樹げむのTreeWorld Top