ミズヒキ

学名 Antenoron filiforme
別名
水引 分類 タデ科ミズヒキ属 (多年草)
花の上半分が赤、下半分が白色をしていることから、贈答品につける飾り紐にたとえた名。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄、中国、ヒマラヤ
神奈川県 全域に普通に生える。
花の時期 8月〜11月


群生。日影〜半日影で群生して大きくなり1m近くになる。
群馬県みなかみ町赤谷 140906


葉は互生、広楕円形で先が尖る。
中央付近に斑紋ができる場合がある。写真は斑紋が無い。
横浜市港北区篠原園地 101020


葉柄の基部に、茎をまいて托葉がある。この托葉はタデ科の特徴。
横浜市港北区篠原園地 101020


初秋に茎頂に総状花序を出す。
花は基部から上に順に咲く。
開花に従って花軸が伸び30cmくらいになる。
写真の上部は開花中、下部は実になっている。
横浜市港北区篠原園地 100915


花被片は4枚で。
上が赤、下が白色になっている。これがお祝いの袋の飾り「水引」を連想させる。
花被片が閉じて、先から白いカギ状突起になった花柱が出ているのは果実。
横浜市港北区篠原園地 101013


花柱の変化した突起で獣毛や衣服につきやすくなる。いわゆるひっつき虫の仲間。
上野原市秋山 151006

樹げむのTreeWorld Top