カラスウリ

学名 Trichosanthes cucumeroides
別名 タマズサ、カラスノマクラ
烏瓜 分類 ウリ科カラスウリ属 (つる性多年草)
赤い実をカラスが好むことでつけられた名。とされるが、カラスが食べているのを見たことは無い。 原産・分布 本州、四国、九州。
神奈川県 シイ・カシ帯の全域に分布し、普通に生える。
花の時期 8月〜9月


あたり一面覆い尽くしたカラスウリの葉。
★薬効★利尿、むくみ、
生薬名は「王瓜根(おうがこん)」。
根の肥大部を採取、外皮を剥き輪切りにして日干しにしたもの。
横浜市港北区篠原園地 100920


葉は互生し卵心形、いわゆるハート型で、3〜5裂するものもある。
葉柄と対に巻き鬚が出て、他のものに巻きつく。
横浜市港北区篠原園地 100719


雌雄異株
夕方咲き始めた花。
畳まれた花弁がゆっくりと広げられる。
横浜市港北区篠原園地 060901


カラスウリの花は夜開く。
白いレース状の花弁が大きく開いたところ。
花粉媒介のために夜の蛾(スズメガ類)を呼ぶためとされる。
横浜市港北区篠原園地 060901


翌朝の花(雌花)。
白いレースは役割を終えクシャクシャになってしまった。
横浜市港北区篠原園地 060826


若い果実。まさに瓜坊。
横浜市港北区篠原園地 100922


果実
横浜市港北区篠原園地 071209


果実の中は納豆のようにぬるぬるの繊維と種子が入っている。
ヒヨドリなどが食べても、種子がそのまま糞と一緒に出やすい。
種子は打ち出の小槌に似るため、縁起で財布の中に入れる人も。
横浜市港北区篠原園地 071209

樹げむのTreeWorld Top