アルカロイド

植物が作る二次代謝産物(その多くは毒あるいは薬になる)の一種。窒素原子を持つアルカリ性の有機物で、一般的に苦味を持つ。他の生物の体に対して強い薬理作用を示すものが多い。カフェイン、ニコチン、コカイン、モルヒネなどが代表で人類との関わりも大きい。
植物が動物による摂食から、あるいは菌類による腐朽から身を守るために、アルカロイド生成能力を進化させたと考えられている。古代の裸子植物はアルカロイドの生成能力が無いとされ、裸子植物を食べて繁栄した恐竜は、新しい被子植物が作りだすアルカロイドへの感受性、耐性が乏しかったために絶滅への道を歩んだとする説がある。
アルカロイドを持つ植物の例を以下に示す。

キハダ
クサノオウ
タケニグサ
チャノキ
ヒガンバナ
ムラサキケマン
ヤマトリカブト
メギ
ユズリハ