ツルウメモドキ

学名 Celastrus orbiculatus Thunb.
別名
蔓梅擬 分類 ニシキギ科ツルウメモドキ属 (落葉つる性)
ツル性で、赤い実がなる様子がウメモドキのようだから。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、南千島
神奈川県 全域に分布し、普通に見ることができる。
用途 庭木
山野に普通に生える。春〜秋は目立たないが、冬になると俄然目立つ。他の木にからみ、樹冠近くに実を着ける。実は、葉が落ちたあとも残り、橙色をして、遠くからでも確認できる。 冬の梢

丹沢
桧岳
081122
ツルウメモドキ樹
植栽されて育てられると、写真のように太くなる。

川崎市
東高根公園
040227
ツルウメモドキ幹
葉は互生し、葉身は楕円形〜倒卵円形で、両面無毛。縁には細かい鋸歯がある。

丹沢
神の川
060430
ツルウメモドキ葉
雌雄異株。
5〜6月に葉腋から短い集散状の花序を出し、淡緑色の小さな花を1〜10数個つける。
花弁、萼は5数性。雌花には、退化した雄しべ5個と、柱頭が3裂した雌しべがある。
雌花

新潟県
水上町
赤谷
080608
ツルウメモドキ雌花
果実は刮ハで、秋から冬に黄色に熟すと3裂し、赤い仮種皮に包まれた種子が見える。赤い仮種皮はニシキギ科の特徴で、冬の落葉樹の梢を彩る。
あまりおいしいとは思えなかったが、試しに食べると意外と甘味があり汁気もある。ツルウメモドキの実も、鳥や獣にとって、冬の貴重な食料になる。


丹沢
大室山
051124
ツルウメモドキ実
蔓は全体的に無毛で、樹皮の繊維は丈夫。紫褐色で皮目がある。
冬芽は半球形〜三角形で外向き。葉痕は半円形。
冬芽

長野県
黒姫
070429
ツルウメモドキ冬芽
研究室で発芽試験をした結果。全縁の双葉と、鋸歯のある本葉が区別できる。 実生

日大
060318
ツルウメモドキ実生

樹木の写真Top