イヌザクラ

学名 Prunus buergeriana
別名 シロザクラ
犬桜 分類 バラ科サクラ属 (落葉高木)
イヌは、一般的につまらないもの、役にたたないものを指す。サクラについては、ヤマザクラを参照。 原産・分布 本州、四国、九州、済州島
神奈川県 丹沢、箱根のブナ帯、および沖積地を除いて広く分布する。
用途 特になし
山地に生え、樹高は10〜15mになる。
神奈川県内にも広く分布する、とあるが個体数はそう多くはないような気がする。樹皮も葉もあまりサクラに似ていないので、花が終わると、普段は気づかないのかもしれない。


神奈川県
厚木市
七沢森林公園
080420
イヌザクラ樹
樹皮は暗灰色でやや光沢があり、横に楕円形の皮目が並ぶ。
サクラの仲間と比べると、白っぽく横の筋が目立たない。


厚木市
七沢森林公園
080420
イヌザクラ幹
葉は互生し、葉身は長楕円形で先は鋭頭、脚部はくさび形、質は洋紙質。縁は細鋸歯縁。
両面ともにほぼ無毛、葉柄も無毛。


横浜市
青葉区
070602
イヌザクラ葉
花は、4月下旬〜5月中旬、葉の展開後に開花する。花の数は多いが、その色と大きさからかあまり目立たない。 花の枝

厚木市
七沢森林公園
080428
イヌザクラ花
前年枝から6〜10cmの総状花序を出す。一つの花序に20〜40個の白い花をつける。花弁は5枚、雄しべが10数本ある。
花序の基部に葉が無い点が、よく似たウワミズザクラとの相違点。
花言葉「淡泊、純潔」


厚木市
七沢森林公園
080428
イヌザクラ花
核果は卵円形になる。10月頃には赤黄色〜紫黒色に熟す。


実 丹沢三ケ瀬川080822
若実

横浜市
青葉区
070602
イヌザクラ若実
冬芽は紅紫色でつやがある。卵形で先はとがる。
若い枝は灰白色。
冬芽

茅ヶ崎市
里山公園
090215
イヌザクラ冬芽
芽吹きは葉芽と花芽が混ざる。 芽吹き

上野原市
秋山
190409
イヌザクラ冬芽

樹木の写真Top