ハリブキ 学名 Oplopanax japonicus (Nakai) Nakai
別名 ジゴクバラ
針蕗 分類 ウコギ科ハリブキ属 (落葉低木)
葉がフキに似て大きく、全身に針があるための名。 原産・分布 北海道、本州(中部地方以北、紀伊半島)、四国(石鎚山)
神奈川県 (不明)
用途 (特に無し)
深山に生え、高さ1mくらいになる。全体に針状の棘が密生する。幹はほとんど分枝しない。

群馬県
新治村
050904
葉は互生し、長い柄がある。葉身は大きな円形で、掌状に7〜9裂し、縁には欠刻状の重鋸歯がある。表面には脈上に棘針があり、裏面には棘と毛がある。

群馬県
新治村
050904
6〜7月に茎の先に円錐花序を出し、緑白色の小さな花を開く。
果実は、6〜7mmの楕円形で、8〜9月に赤く熟す。
葉・実

静岡県
大井川
東俣
040812

樹木の写真Top