フジウツギ

学名 Buddleja japonica
別名 カワラウツギ、酔魚草
藤空木 分類 フジウツギ科フジウツギ属 (落葉低木) 有毒植物
姿がウツギに似て、フジのような花が咲くのでついた名。 原産・分布 本州(東北〜近畿の太平洋側)、四国。
神奈川県 県西部に多く、他にはわずか。
用途 庭木、公園樹、建築、家具、器具、楽器材、彫刻、樹皮は細工物
山地の開けた場所や渓流沿いなどの明るく水質な場所に生える。樹高は1.5m以下。日当たりの良い崩壊地などでは大きな群生になる。
魚毒性があるので、すりつぶして毒流し漁に使った。
★毒★全木にサポニンを多く含む(溶血作用、胃腸障害)。
群生

上野原市
秋山
180709
明るい林内では、枝を分けて横に伸長するため、写真のように平面的な枝振りになる。茎頂に花序がつくと垂れ下がることが多い。

上野原市
秋山
120809
茎の断面は四角形で陵がある。上下に伸びる枝では葉が十字対生することが分かる。
茎は2年目で木質化して茶色になる。


上野原市
秋山
120809
葉は単葉で対生する。葉身は披針形あるいは長楕円形で、縁には低く鋭い鋸歯がある。
水平に伸びる枝では茎がよじれることで葉を水平にしている。


上野原市
秋山
120809
7月〜8月に茎頂に穂状花序をだして紅紫色の花を多数つける。花は花序の基部から上部へ順次咲いていく。同時に咲く花の数が少ないためか華やかさは無い。
一つの花の花冠は1.5cmほどの筒状で曲がり先が4裂する。花冠の外側は星状毛が密生する。


上野原市
秋山
140708
実は約1cmの長卵形で、熟すと2〜4裂する刮ハ

上野原市
秋山
151105

樹木の写真Top