ボケ 学名 Chaenomeles speciosa
別名
貼梗木瓜(中)
木瓜 分類 バラ科ボケ属 (落葉低木)
中国名の木瓜(モッケ)がなまったとされる。 原産・分布 中国原産 (平安期に薬用で渡来とされる)
神奈川県 自生は無い
用途 庭木
茎は株立ちし、よく枝分かれする。若枝は褐色の毛があるが、翌年には平滑、古くなると灰黒色になる。小枝は棘になる。
葉は互生し、葉身は長楕円形〜楕円形、縁には細かい鋸歯がある。


横浜市
港北区
(植栽)
040403
雌雄同株、単性花。
3〜4月に、葉よりはやく花が開く。短枝の腋に、数個ずつ付く。花の色は淡紅、緋紅、白、白と紅の斑などがある。雄性花、雌性花がある。
園芸品種が多い。


横浜市
鶴見区
040304
果実は稀。7〜8月に黄色に熟す。
酸味が強く、生色には適さない。漢方で薬用とした。
★薬効★強壮、鎮痙、鎮咳、水腫、筋肉疼痛、脚気、嘔吐、下痢。生薬名「木瓜(もっか)」。成熟した果実を湯通しをした後輪切りにして乾燥させたもの。


横浜市
鶴見区
040831

樹木の写真Top