バイカウツギ

学名 Philadelphus coronarius
別名 サツマウツギ
梅花空木 分類 ユキノシタ科バイカウツギ属 (落葉低木)
花の感じが、梅の花に似ているために付けられた名。ウツギは樹全体がウツギに似ているから。 原産・分布 本州(関東以西)、四国、九州、沖縄、アジア東南部
神奈川県 箱根、丹沢、小仏山地に分布する。
用途 特になし
山地の明るい林内や林縁に生え、よく分枝し、高さ2m前後になる。
同じ時期に、いろいろなウツギの花が咲くため、ていねいに識別していないと、気がつかないこともある。
⇒「ウツギの花


丹沢
神の川
070603
他のウツギ類と同様、低木であり株立ち状になる。幹は枝分かれをしながら直線状に伸びる。
樹皮は縦縞状の筋がはいる。


丹沢
神の川
070603
名前はウツギだが、幹は空木ではなく白い髄が詰まっている。本家ウツギ以外、ウツギと名のつく木のほとんどは空木ではない。 幹断面

上野原市
秋山
161107
葉は対生し、葉身は卵形または広卵形で先が鋭く尖る。縁には、低い微凸状鋸歯がまばらにある。葉脈は、基部からの5脈が目立つ。

丹沢
神の川
070603
花は6月、枝先の集散花序に5〜9個つける。花弁が4枚の、丸い感じの白い花。雌しべの先は4裂する。
白いウツギの花の中では、一つ一つの花の見栄えが最も良い。本家ウツギより庭木に向くのかもしれない。
花言葉「気品、香気、品格、思い出」


丹沢
神の川
070603
刮ハは倒卵状円錐形。熟すと4裂して種子を出す。

丹沢
塩水川
070107
種子は2mm弱の楕円形で褐色。片側に薄い膜状の翼があり、風で散布される。 種子

上野原市
秋山
161108
葉のある間、冬芽は葉柄の基部に隠れている、いわゆる葉柄内芽。バイカウツギの場合はさらに葉が落ちても、低い三角形の葉痕の中に冬芽は隠れている。
若枝は赤褐色で軟毛がある。
冬芽

丹沢
塩水川
070107
枝の先端の芽(仮頂芽)は通常2個となる。春にはこの新芽が伸びて新しい枝となるため、バイカウツギの枝は二又状の分岐が多い。 芽吹き

上野原市
秋山
150326

樹げむのTreeWorld Top