ハイイロチョッキリ

分類 甲虫目オトシブミ科チョッキリ亜科
学名 Cyllorhynchites ursulus
分布 本州、四国、九州
観察できる時期 8〜9月にドングリの中に産卵し、葉の付いた枝ごと切り落とす。
観察できる場所 雑木林内。コナラ、クヌギでよく見ることができる。
越冬 成虫
体長 7〜9mm
幼虫食餌 コナラクヌギミズナラ、カシワ、シラカシアラカシなどブナ科のドングリ
成虫食餌 上記樹種の葉


まだ未塾のドングリに穿孔、産卵する。
群馬県みなかみ町赤谷 100905


一般的なドングリはキャップのある側の方が柔らかく、
タンニンなどの毒性も低いため、穿孔性の害虫は必ずキャップ側を食害する。
これはキャップの反対側に胚があるための、樹木の防御策でもある。
群馬県みなかみ町赤谷 100905


切り落とされたコナラの枝
群馬県みなかみ町赤谷 090905


枝の切断面はササクレたりせずスパっと切られている。
群馬県みなかみ町赤谷 100911


ミズナラの枝
丹沢箒沢 090817


クヌギのドングリの中のタマゴ
藤沢市六会